Best Album『ULTRA Treasure』収録

20周年記念の曲です。またその記念LIVEの看板曲でもありますね。ファンに向けられた『いつかまたここで』と対を成し、B'zふたりの関係について書かれた曲と見ることができるでしょう。柔らかい曲調で、聴いてて優しい気持ちになれると思います。

感謝の気持ちを伝える曲なので、捻った部分はなくストレートに歌詞は構成されています(稲葉さんならではの言葉のチョイスではありますが)。ちなみにGlory Daysは絶頂期という意味があるらしいですね。

舞台は雨上がりです。雨はB'zとも縁深いですからね。そして現れたは、ラストへの伏線ともなってます。

ふたり 何のためらいも不安もないと言い切れる関係を、20年の月日が作り上げたというのは畏敬すべきことだと思います。そして音楽を通してまぶしい歓びを共感できるのはなんだか羨ましいなぁというか…いいグループだなぁと感じます。

稲葉さんは自分だけでは何もできなかったというのを自覚して、松本さんがいてくれたからここまで来れたということに感謝しています。元々ネガティブ思考の稲葉さんが自分のことを ちょっと好きになれるのは、松本さんが年長者として彼を引っ張ってきたからでしょうね。類稀なる信頼関係ではないでしょうか。

B'zにとってのGlory Daysとは、共に音楽作りに真摯に向き合ってきた中で生み出された奇跡のような瞬間の連続なのです。今までの20年をひとまとめに奇跡と言わず、そのパーツの一つ一つを奇跡と称して連続させているのは、稲葉さんらしい歌詞だと思います。それらは二度と戻らない日々ではありますが、しかし胸をはって ここから歩く後押しをするに足る日々でもあります。

いつかB'zとして活動が終わる時も来るでしょうが、その瞬間まで燦然と輝くふたりでありたい、と未来の展望も語られています。つまり、今もまだ彼らのGlory Daysは続いているのです。一ファンとして僕も、まだまだB'zの活躍が見たいです!お二人とも音楽に対するプロ意識は僕の想像できるレベルではなく、だからこそ今なお音楽シーンのトップを走り続けているのだと思います。この曲はそんなふたりの美しい信頼関係(Not友情、Not仕事仲間)を感じられる曲と言えるでしょう。

余談ですが、稲葉さんのこの曲の作詞メモによると、この曲のテーマは「You're the best.」…最高のコンビですね。

次回は『BOYS IN TOWN』です。出た当時と今では見方が変わってくるのではないでしょうか…?
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。