Balloon'zone -B'z歌詞解釈-

B'zの曲の歌詞考察、解釈(のような物)をしております。 曲を聴いて感じるものは人それぞれ、その一つとしてとらえていただければ嬉しいです。

カテゴリ: 2nd/3rd beat

13th Single『裸足の女神』2nd beat収録

A面の『裸足の女神』と併せて、清々しさ・若々しさを感じる曲ですね。個人的な好みは跳ね回るようなサックスです。

歌詞は初期によくある「悩める男」の話ですが、思い募らぬもどかしさを「渇いてる」と表現しているのがこの曲の特徴ですね。「渇望」という言葉がまさに最適でしょう。既に相手にとっていい人ではあるけど、もっと踏み込んだ関係になりたい、というのが男の本心です。

彼は現在「愛情」不足でからからに 渇いています。だから獣になっておまえのしずく(=愛)で渇きを満たそうとしています。「今宵こそは」という表現から、今までは一歩踏み出せなかったのだろうと推測できますね。今僕よりおまえに飢えてるやつはどこにもいないとまで言い切る威勢には驚かされますが、友人でなくなる(気まずくなる?)リスクを冒してまで恋愛関係に発展させようとしているのを考えれば、納得できるかもしれません。

「誰にも負けたくない、自分が彼女のそばにい続けたい」というテーマは『OH!GIRL』や『MVP』、広義ではA面『裸足の女神』でも見られるものですが、この曲では純な思いの中に若干エゴが混じっていませんか?正直ものがバカを見るのは許せないという彼女の主張に乗っかって、「ならば君のためにいい人をやり続けている僕も報われていいよね(mercy please)?」と彼は言っているのですが…この少々余裕のない感じも憎めないですね。

他の曲との関連で、「あなたの愛情で満たされたい」というので連想されるのは『ひとしずくのアナタ』ですね。また、「今夜だけでも強い自分に」といえば『有頂天』でしょう。さらに成熟した関係性が歌われているので、比較するのも良さそうです。

まとめると、いままでの奥手な自分を脱却し、友人関係から恋愛関係へと発展させることでからからの心を潤したいと願う男の話であるといえます。

次回は『その手で触れてごらん』です。あまり聞いたことがないのですが、いやらしい感じという先入観でいいんですかね。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

32nd Single『GOLD』3rd beat収録

サビとメロで違った雰囲気の曲ですね。アルバム曲やましてシングルになるような曲ではないと思いますが、ライブで演れば盛り上がりやすそうな感じもします。うーおうさーおう!のところとか。

歌詞はWikipediaに大衆主義や日和見主義を皮肉ったものと書かれています。日和見主義という言葉があるんですね!(日和見主義…形勢により有利な方につこうとする態度をとること)まさにこの曲で言及されている部分だと思います。というわけで今回の概要はこれに乗っかろうかと思います。

この曲の主人公は大衆に紛れて流されてしまう風潮、そして自分自身もその流れを避けられずにワナにはまってしまうことに悩まされています。このテーマについては、『Out Of Control』でも同様の問題を取り扱っているためわかりやすいかと思います。みんないるときゃ強がって ひとりになると逃げたがってる人々は、本来パーソナルな行為であるはずの泣くことさえ独力ではしがたいのです。この現状をなんとかしたい、そのためにあなたのまっかに輝く そのシルクで、自ら動ける勇気を、自分が自分であるという自信を授けてほしい、という流れではないでしょうか。(まっかなシルクについてはいかようにも比喩ができる(みだらな方面にも)のでここでは詳しい解釈は割愛します!)

さて、気になるのは間奏語りの部分です。おまえの国の旗はまっかあの城壁 長い歴史をたどるようにとか言ってるので中国が絡むのは間違いなさそうです。歴史もあまり詳しくないので知ったかぶりは避けたいですが、社会主義(共産主義)のシンボルカラーも赤なんですよね。社会主義は(ざっくり言えば)資本主義で生まれる経済格差をなくし、全員が平等になるシステム、という名目です…よね?つまり僕の心も赤く染まったというのは、彼の精神もみんないっしょを目指すものへと変わってしまったことを暗示しているようです。知らぬ間に大衆主義、日和見主義になっていた自分を何とかしたい(何とかしてほしい)、という本筋とも繋がりそうです。

最後に、僕のつじつま合わしてくれとはどういうことでしょうか。彼の中で食い違っているものを考えると、やはり理想と現実になるでしょう。大衆に流されない、自分をしっかり持ちたいという理想。大衆に流され、社会の主体として行動できていない現実。このギャップを埋めてほしい、ということでしょうか。「存在していいんだ」という証明を相手に求める点では『衝動』も似ているかもしれません。

次回は『drive to MY WORLD』です。稲葉的個人主義ここにあり!という感じでしょうか?
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

43rd Single『永遠の翼』2nd beat収録

人気の高い2nd beatで、映画「北斗の拳」のタイアップです。かっこいい要素が詰め込まれているのは分かるのですが…僕個人はあまりこの曲は聞かない気がします。シングル内で『永遠の翼』の後にこの曲というのが重たすぎるというか。好きになれない理由がよく自分でもわからないです…?

歌詞も全体的なテーマはなんとなく掴めますが、要素が多すぎて何を言ってるか分からないというイメージです。難しい曲ですが頑張って取り組もうと思います。

ふんわりと一貫して語られるのは、どのように生きるべきかということでしょうか。ヒトとはみな孤独な生き物で、逃れられない道の上で生きている、つまり皆ロンリースターズなのです。ロンリーでありながらスター「ズ」というのは、『ALONE』を想起させますね。巡り会うために僕らは…生まれたという考え方は、裏返せば元々は一人の存在であるということです。そのさだめから逃れることはできないし、逃げ出してはいけない、というメッセージが核となりそうです。

細かい部分に目を向けようとすると、とたんにテーマが一貫しなくなります。もう会わないと〜オモチャにされるの部分だけでも「人の意思を超えた力が存在する」「本来ひとりの存在同士が出会う」という要素が交互に提示されています。これからずっと〜ただ待っていたの部分では「人生においてつい逃げてしまう人の姿」「自分から行動せず祈るだけの姿」といったマイナス像が描かれます。そしてすべてまとめると、そんな世界でも正面切って、対人においても自分に対してもケリをつけあうしかないのが人間である、ということです。散漫というか、良い事を言っていそうなのでもう少し焦点を絞って伝えて欲しかったところです。

スターズっていうのは北斗七星ともかかってるんですかね?この例えは秀逸だと思います。

次回は『Out Of Control』です。今や定番の風刺ソング、そのはしりと言えましょう。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

9th Single『ALONE』2nd beat収録

お久しぶりです。いよいよ本格的に夏ですね!

『おどるポンポコリン』で有名なB.B.クィーンズの坪倉唯子さんに提供し、セルフカバーされた曲です。『HEAT』の時、B'zとしては初の楽曲提供と謳われていましたが、実際はこちらが先のようです。スルーされて可哀想ですね。メロディラインをなぞってるのはキーボードですかね?あのくっきりした音が好みです。

歌詞ですが、前述の提供の兼ね合いもあり完全に女性目線です。主人公は理想の恋に向かって邁進する人物であり、彼女の理想は「女が主導権を握る恋愛関係」です。どうも彼女の中では、恋に限らず自分の思いに忠実に、新鮮な生き方をすることが綺麗になる秘訣と思っているようですね。草食系男子、肉食系女子は少し前に取り上げられ始めましたが、この曲はその点時代を先取りしていたと言えそうです。

しかし、そんな強い女性の中にも、ナイーブな面があるようです。「ラブ運は好調 ラッキーカラーはネイビー」という雑誌の占いコーナーを見て心を踊らせています。あてもない占いに少し望みを持って、裏切られて気を落とす、これが女心なんでしょうかね。男に対してはガツガツ攻めていく彼女も、「恋愛」そのものには弱いのかもしれません。

そして、主題はGO GO GIRLSであるところです。ガールじゃなくてガールズなのです。攻める恋、新鮮な恋は主人公に限らず、女の子の誰もが目指すべきじゃない!?ということでしょうか。さきほど草食肉食の話をしましたが、「男が引っ張る恋愛」の時代は終わったと、主人公(≒稲葉さん)は感じていたのかもしれません。だから今こそ、GO GO GIRLS!であるのです。

もう稲葉さんがドキンドキンなんて歌詞を書くのは見られないのではないかと思います…ありえるかも?

次回は『命名』です。最近ますます重視しなければならなくなったテーマかもしれません。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

38th Single『愛のバクダン』3rd beat収録

タイトル通りギターが甘く優しいですよね。少し心が弱った時に聞くと、ウルっとくるくらいメロディが好きです。そういえばこの頃からカップリング曲に「かわいい」曲が増えた気がします。『National Holiday』、『流星マスク』など。

前回ほど重くなく、全体的に幸福感に満ちたカップルの話です。コミュニケーションの困難さは稲葉詞でも頻繁に語られるところですが、その中でわかりあえる喜びにフォーカスしたのがこの曲といえるのではないでしょうか。

甘く優しい微熱とは何かを最初に考えるほうがやりやすそうです。手と手をつなぐ まぶしい朝愛しい人を見つめる 月夜に生まれるのがこの微熱ですが、月夜といえば『今夜月の見える丘に』ですね!月は人の心を映し出すものという考えがあります。よって自分のことを理解してもらえた、あるいは相手のことを理解できたという感覚が甘く優しい微熱なのだと思います。すべて知るのは到底無理なので、イチブを理解するという意味での微熱でしょう。困難を乗り越えて得られたのは信頼できる確かなものとしてよいでしょう。

わかり合えるという幸福、しかしこれは基本的にみんなの欲しいものは なかなかひとつにはならない(=わかり合えない)世の中においてはいつまで続くかその保障はありません。だからほんとの自分を 大切な人にさらして生きることが微熱を保つのに重要になるのです。さらすという表現が好きですね。弱い部分、知られたくない部分を見せられる相手を大切にしたいものです。

まとめると、相互理解の困難な対人関係の中で、少しだけでもわかり合える相手がいるという感覚=『甘く優しい微熱』を描いた曲といえます。

次回は『MY LONELY TOWN』です。歌詞面で見れば傑作中の傑作ではないでしょうか!この曲との繋がりもある気がします。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

このページのトップヘ