Balloon'zone -B'z歌詞解釈-

B'zの曲の歌詞考察、解釈(のような物)をしております。 曲を聴いて感じるものは人それぞれ、その一つとしてとらえていただければ嬉しいです。

カテゴリ: EPIC DAY

19th Album『EPIC DAY』収録

『EPIC DAY』のバラード3曲はどれも非常にクオリティの高いものが揃っていると思います。その中でこの曲は、近年のB'zには珍しい物語調の歌詞、そしてその世界に寄り添ったメロディに特徴があります。なぜか理由は説明できませんが、この曲は特に稲葉さんの言葉が入って来やすい感覚がします。分かりますかね?

かなり具体的なストーリー性があるのでこの記事も解釈というよりはあらすじに近くなるかもしれません。

物語の始まりは転校生との出会いで、主人公は蒼い心ざわつきを感じます。恋や愛と断定できず、ざわつきと表現されているのが若々しいですね。

好きだけれどどのくらい 好きなのかわからない、という感情に共感できる人は多いのではないでしょうか。100%や120%の愛情はよく語られがちですが、100%に満たない愛情はなかなかフォーカスされることはないので、斬新な視点だと思います。好きではあるけど眺めるだけで幸せなのか、それとも付き合いたいのか、どの行動に移すべきかが自分では判断できない、という状態にあります。グズってるうちに離れてしまうところまで含めてあるあるかもしれませんね。

その後しばらくして再会します。描写から推測するに主人公が故郷を離れていたのでしょう。を離れたに残った、変わると変わらない。対照的ですね。

そしてこのタイミングで主人公は告白します。大人になるとは自分の思いをしっかりと理解し、行動に移せるということなのかもしれません。しかし結果は…。ここでニクいのは、主人公にも我々にも困った顔の理由は分からないところです。事情は及び知らず結果だけが突きつけられる、振られた側は案外そんなものなのでしょうか。

しかし主人公は、その寂しさ悲しさ忘れないと言い切ります。恋自体はこれで終わったのですが、その思い出は今でも彼の中に残り続けて、人格を作り出す助けとなっています。あの経験をしてるからこそこの体験でこんなものが得られた、というのは恋愛に限らずありますよね。失恋が今後の人生に新たな価値を付加する、という意味がこの体をやさしく包んでるには含まれているでしょう。

一番力のある歌詞はひょっとして大事なもの 少しずつ無くしながらという部分でしょうか。大事なものが何かは直接語られていないため、そのまま聞くと少し驚くところですね。ここでポイントなのは、(モデルが稲葉さんかどうかに関わらず)主人公はそれなりに「青春」と距離があるということです。年を重ねて様々なものを得た一方、当時の青さ、若さは二度と返ってこないというのも事実です。ときめきや興奮といった感情は未熟だからこその大事なものなのかもしれません。ちなみに稲葉さん自身はこの若さや新鮮さが失われる問題と戦い、それを乗り越えようとしています(『STAY GREEN〜未熟な旅はとまらない〜』、『MAGIC』等参照)。

まとめると、初恋の始まりと終わりを描きながら、その思い出が今でも影響し続けているという切なさについて歌った曲であると言えます。

個人的にはせつない蝉の合唱というのもいろいろ考えさせられます。儚さの象徴であるとか、せつなく聞こえるのは主観がかなり影響しているとか。

次回は『明日また陽が昇るなら』です。LIVE-GYMでもたびたび語られるテーマを改めて言語化した感じでしょうか。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

51st Single/19th Album『EPIC DAY』収録

近年のシングルの中でも抜群の出来ではないでしょうか。稲葉さんが代表曲になると予想するのも頷ける、B'zらしさを感じる曲だと思います(抽象的な言い方ですが)。楽曲、演奏については大人のロックを感じました。ラストサビでドラムが裏打ちに変わるところが盛り上がりに一役買っていると思います。また、ドラマのタイアップや音楽番組の出演により知名度高めですね。

歌詞を見る上で参考にしていただきたいのが『BURN -フメツノフェイス-』です。以前ここで稲葉限界論について触れていたと思います。自分が超人でないと理解したうえで(僕からすればB'zの二人は超人ですが)、せめて限定した部分では……!という考え方が時々出てくるんですね。『有頂天』で扱われているのはまさにそれだといえます。進めていきましょう。

はじめに、自らの充実した日々を不特定多数に示すSNSと、それを見た人たちのいいねに潜んだ心情についてですね。稲葉さんはここに「劣等感」を感じとります。我々は他人の生活を見ながら、自分の生活と照らし合わせてしまうのかもしれません。自撮りを載せる人たちってなんかキラキラしてますからね。同時に自分だってやればできるはずという対抗心も抱く、と。しかしそれは半分以上無理矢理であり、気持ちの何処かでは自分にはできないということも自覚しているため、行動に移せません。このギャップが葛藤につながります。本当は自分を抑圧などしたくないのです(自分でダメ出しするのはso tired)が、人前で自分をプッシュするのは憚られるのです。「出る杭」になりたくないという気持ちは共感できますよね?

それでも抑えつけていた自分をどこかで爆発させたい、その唯一の有りどころがです。前述した「限定した部分」とは、君といる今夜だけなのです。しがらみだらけの世間から外れた二人きりの瞬間くらいは、自分の存在を認めてほしいという欲求が見てとれますね。自己承認欲求といえば、『DEEP KISS』が一番わかりやすいかもしれません。強くなるために誰かのDEEP KISS(=承認)がほしいというテーマに関して、似た部分はありそうです。

つまり有頂天になるというのは普段は抑圧している自分をゼロになるまで燃やし尽くしたいということです。今という瞬間を全力で生きたいというテーマの曲はアプローチは違えど挙げきれないほどですね(『long time no see』『juice』など)。ここを踏まえたうえで、全体の歌詞からは少し浮いている幸せの歌詞について考えます。

幸せはいつ来るのか、それとももう幸せなのか?それは涙こぼれ落ちるまで分からないという歌詞ですが、このはいかようにも解釈できます。幸せを実感する嬉しなのか、幸せだった昔に気づいての悔しなのか、人それぞれでしょうしおそらくどちらの意味でもあると思います。について、『いつかまたここで』では、今日の自分を思い出す時 きれいな涙 流せるようにとあり、うまくいかなくても やめないと続きます。ここで言いたいのは、幸せかどうか今は分からなくても、未来の自分が今を振り返って幸せだったと言えるように、今を全力で生きたいということです。これを『有頂天』に応用させるなら、「幸せとは常に振り返ることでのみ分かるものであり、今自分がすべてを出し切り有頂天になれるかどうかで決まる」という考え方に発展されられると思います。今だけを満たしたいという言葉の裏には、普段は出せない自分を発揮したいという欲求と、未来から見た現在の自分を幸せにしたいという願望が含まれているのですね。

(大穴で、死んだ時(=周りの家族や友人の涙 こぼれ落ちる時)しかその人の人生が幸せかどうかは分からないという案も考えましたが、さすがに極端ですね)

一通り見てもらうと分かる通り、引用が多いですよね。つまりこの曲は今まで稲葉さんが散りばめてきた考え方の総集編とも言えると思います。B'z聴き始めの方には、歌詞とサウンド両面から考えて『イチブトゼンブ』と『有頂天』、あと『もう一度キスしたかった』あたりから聴くとよいのではないかと。

次回は『ハートも濡れるナンバー ~stay tonight~』です。新旧の振れ幅が大きいですね。最近の曲には見られない気まずさが特徴です。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

19th Album『EPIC DAY』収録

ニューアルバムのラストを締めくくる一曲です。ジャズと聞いていましたが全体がジャズではなかったですね。展開が忙しいので一気に2つの曲を聴いてる感覚になります。初聴では稲葉さんの高音に圧されました。クッキリしたギターサウンドも聞きどころだと思います!

まず『Man Of The Match』とはなんぞやですが、「その試合での最優秀選手」らしいです。そんな「今日のヒーロー」になるための条件を歌ったのがこの曲、と言えますかね。

冒頭及びラストでは、インタビューを受ける『Man Of The Match』がテレビに映し出されます。その姿を見て、主人公は自身のユトリ溢れる日々と比較し、身も心も悪い意味で 軽すぎると評価を下しています。その理由は彼の毎日が楽勝だからです。もっと言えば、負けない選択をしているからです。

人が成長するためにはプレッシャーを受けながら努力することが必要で、そのモチベーションは「強敵」でしょう。今の力では敵わないと思った時に人は策を練り己を高めようとしますよね。そうして勝負の世界を勝ち抜いた者こそが『Man Of The Match』となる資格があるとするなら、負ける心配のない生活を送る主人公はまだまだ成長する余地があります。だからこそ、押し潰されるほどの 重荷手が届かないような 素敵な貴方を欲しているわけですね。

バカ○ンのパパをDisるわけではないですが、コレデイイノダという言葉、妥協の権化と言えませんか。自分を追い詰めている人には必要なフレーズですが、まあ大抵の人には何か続けていたものを終わらせるための口実となるフレーズでしょう。やはり必要なのはホントニコレデイイノ?という自己問答だと思います。逃げに走っていたらナニモオコラナイということに気付き、焦燥感を抱けるのが理想ではないでしょうか…。

痛めつけられ ボロボロにされたいというフレーズは『ultra soul』とシンパシーを感じます。この曲でも底無しのペインが人を強くすると述べられていますね。かすり傷さえも 無いまま終わりそうという部分は今の主人公とマッチしています。
どこかで見たんですけど、タイトルを略するとM of the M(マゾ中のマゾ)なんですよね!ここまで稲葉さんが狙ったとは思いがたいですが…興味深いです。

まとめると、何の問題もなく楽勝な日々を過ごすより、プレッシャーや強敵に虐め抜かれその中で成長したい!という人間の曲です。これだけ志を高く保てられれば理想的ですよね…。

次回は『Fly The Flag』です。CIRCLE多いですね。もがきながら生きるとはいかに?
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

【追記 5/17】コレデイイノダ関連のわかりにくい言い回し修正、曲感想とM中のMの件追加

このページのトップヘ