Balloon'zone -B'z歌詞解釈-

B'zの曲の歌詞考察、解釈(のような物)をしております。 曲を聴いて感じるものは人それぞれ、その一つとしてとらえていただければ嬉しいです。

カテゴリ: MONSTER

15th Album『MONSTER』収録

B'zのライブではしばしば稲葉さんが「またこの場所で会おう」といったニュアンスの話をします。ファンに向けたメッセージソング『いつかまたここで』を筆頭に歌詞としても表れる、ミュージシャンB'zのスタンスといえるでしょう。

再会を誓うというとポジティブな印象を受けますが、この曲の根底にあるのはネガティブな考え方です。タイトルの『明日また陽が昇るなら』に注目してみましょう。普通に考えて、「明日陽が昇る」ことに疑問を持つことは少なくありませんか?その当然を仮定条件としているのは稲葉さんの緊張感によるものでしょうか。例えば『long time no see』ではもう会えないかもしれないよという具合で「慣れ」について警鐘を鳴らしていますが、この曲にも似た考えが適用できそうです。「来るかはわからない明日が、もし来るなら」という考えをもって生きるとはどういうことなのでしょうか。

この曲において「生きる」ための原動力は、今日君に会えてよかったという思いです。時間の波は容赦なく押し寄せ、哀しさや虚しさからは逃れられないのが人生といえます。しかし、との出会いで鼓舞され、励まされ、明日からまた生きていく勇気を得ることができるのです。この出会いをB'zに当てはめるならズバリLIVE-GYMでしょうか。僕は今までライブに二度しか参加していませんが、終演後またB'zに会う時まで頑張って生きていこうと強く感じさせられました。ライブに参加した人ならだれでも感じると思います。

この「次会う時までにこうなりたい、あれをしたい」といった渇望が『明日また陽が昇るなら』という言葉には込められているのだと思います。新しい自分になってどんな夢でも追いかけて、その先に待っている再会のために生きぬいて。そしてその再会は新たな希望となります。

この繰り返しで過酷な今を乗り越えられることを知っているからこそ、稲葉さんは油断しません。ファンとの関係に照らし合わせるなら、全国各地のライブで生まれた、胸に刻んだ愛忘れていないから、その時の出会いを大事にし、必ず再会することを誓います。

ここまで書いて『RUN』に似たものを感じました。死ぬならひとりだ 生きるならひとりじゃない…。なにもかもがいやになってただ嘆く それだけでもいいというのは裏を返せば「だから死ぬのだけはやめろ」というメッセージにとれる…かもしれません。

この曲、30周年のPleasureで演ってもおかしくないなと睨んでるんですがどうでしょうね。

次回は『MONSTER』です。アルバムから連続ですね。一筋縄ではいかなさそう…。

閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

41st Single/15th Album『MONSTER』収録

シンプルなミディアムバラードですね。突出した何かもなく全体的に「良い曲」なため、逆に好評も不評も取り立てて聞くことのないある意味可哀想なシングル、かもしれません。

歌詞も稲葉さんの基本的な考えを踏襲しながら、特別ひねった表現はないわかりやすいものとなっています。テーマは一貫して『ゆるぎないものひとつ』自分の中に確立させたい!ということですね。その周りを見ていく形になるでしょう。

この主人公は自分の言動や行動が他の世界に大きく揺さぶられてしまうのが悩みのようです。なんとなく流されて(この辺り前回のにリンクしそうです)、一日が終わってしまう、そんな日々を抜け出すために自分の中に絶対的な基準をひとつ持ちたい、ということです。

このご時世、誰に笑われても誰にも見えなくても揺らぐことのない何かを持っているといえる人は少ないのではないでしょうか。僕も、あるかと聞かれれば自信は全くありません。でもそれってすごく寂しいことな気がします。なぜならマイライフを決めるのは自分自身だからです。一度きりの人生、何となくで終わるのは嫌ですよね…。「うたおう マイライフ」は、言い換えれば 「生きよう マイライフ」とできると思います。誰かに生かされるのではなく、自ら生きる日々を送りたいものです。

今回は深く考え込まなければならないワードも少なかったので、短いですが以上です。わかりやすい曲というのも大事ですね。

次回は『Thinking of you』です。現時点ではかなりお手上げですが頑張ってなにか答えを出します!
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

41st Single『ゆるぎないものひとつ』2nd beat / 15th Album『MONSTER』収録

総訪問者数5000人突破しました!5000人目の、『イカロス』や『睡蓮』などを見てくださったiPhoneユーザーには商品はありませんが胸いっぱいのMy Loveを贈ろうと思います。

余計なものを削ぎ落とした、シンプルなサウンドがクールな一曲です。B'zの曲の中でもかなり短いほうですね。ひたむきで 滑稽な 逃亡者の部分の声が曲と合いすぎてて繰り返し聞いてしまいます。

歌詞はある男女の逃避行ドライブが描かれています。そしてこの恋は横恋慕でしょう。理由として血まなこになっているあいつ(=元カレ?)が存在するからですね。そしてテーマは「エゴ」と「覚悟」だと思います。

まず「エゴ」についてですが、アルバム『MONSTER』との関わりが強いと思います。『MONSTER』とはどうにもこうにもならない燃える欲望のことであり、この曲においては女と一緒になりたいという欲望です。というか、あなたを奪っちまった理由は怪物であると歌詞中にもありますね。ここで注目したいのは、男が、あいつは血まなこであるだろうと分かっているところです。この恋は世間には認められないものであり、許せない人も出てくるのは承知で、それでも自身の欲望に勝てず禁忌を侵してしまう、ここに『MONSTER』、人のエゴの力が見てとれましょう。

それを踏まえたうえで「覚悟」とは何か、それは彼の「オレはピエロ」という宣言に集約されています。元々ピエロは笑われ者の象徴であり、社会の規範を外れた彼らは後ろ指をさされるピエロといえます。世間に逆らう道を選んでしまったからには、後ろはふりかえらない決意を固めなければならないという気持ちが、自らをピエロへと変えるのです。そしてその覚悟は道を外れる前には出会えなかった、見たこともない自由につながるのでしょう。

しかしもうちょい体よせ合いたいということは、あなたの気持ちは主人公に比べまだ揺れているのかもしれません。世間に逆行するのは広い世界の中 2人しかいないような 寂しさを伴うということで、簡単に覚悟できないというのも自然なことではあります。最後に夢のスピードはもうゆるめないと言っているあたり、一定の合意を得られたのではないかと思いますが…。

ヒトの感情は時として理性を上回り、抑えられないものとなることを感じる物語であり、その感情に身を委ねる彼の覚悟は悲しいけど美しいといえるのではないでしょうか?

次回は『恋じゃなくなる日』です。これはこの曲単体では重すぎる気がします!アルバム単位で考察すべき予感がするのですが…どうしましょう。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

15th Album『MONSTER』収録

本日はわたくしの誕生日でして。SNSでたくさんの人におめでとうをいただき、同科の友達に会まで開いてもらって、ほんとに幸せだなあとしみじみ感じているところです。良い人たちとの出会いに心から感謝です。まさにEPIC DAYでした、ありがとう!

ということで、タイトル通りのバースデーソングです。優しい演奏に乗って歌われる曲で、全員で祝福している幸福感を感じられますね。紆余曲折ありながらもアルバムに収録された経緯があるようです。

歌詞自体は非常にストレートで、特別ひねった解釈をする必要はないと思います。飾らない言葉がかえって人の心を打つ時もありますよね。よってこの曲の歌詞の見どころは、誕生日という場でオメデトウという祝辞だけでなくアリガトウと感謝も述べる、稲葉さんの気のききようでしょう。

また、この曲で「節目」についての稲葉観も感じられると思います。まず前提として空模様が悪いというのが面白いところです。B'zの節目はたいてい悪天候ですからね…(Pleasureツアー参照)。それでも最高の日といえるのはなぜか、その答えのヒントは「生きることこそ最高」という稲葉さんの考えにあるのではないでしょうか。

稲葉さんは歌詞中やライブで、「生きること」を強調することがあります。「生きてまた会いましょう」とMCで言いますよね。何をするでもなく、ただ生き続けることが尊いことなのです。その考え方のもとに「誕生日」を見ると、「生存記念日」とも言えるでしょう。単にその日に生まれたから、ではなく、その日まで生きてこられたからその節目として祝うのです。大丈夫 もうひとりじゃないという部分はまさに『RUN』の生きるなら ひとりじゃないという部分とリンクしますね。各人それぞれが、みんなのおかげで生きてこられたというOne for all, All for oneの思想といえるかもしれません。

余談で締めると、ロックバンドB'zの歌詞にバースデーケーキが出てくるのが意外でありかわいらしいですよね。

次回は『ゆうべのCrying ~This is my truth~』です。日本語とEnglishの比率がほぼ1:1ですね。初期あるある。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

このページのトップヘ