Balloon'zone -B'z歌詞解釈-

B'zの曲の歌詞考察、解釈(のような物)をしております。 曲を聴いて感じるものは人それぞれ、その一つとしてとらえていただければ嬉しいです。

カテゴリ: The 7th Blues

7th Album 『The 7th Blues』収録

そんなに暗い曲調ではないのですが、陰を感じるのはこの時期の曲ならでは、でしょうか。稲葉さんの声も一層癖がありますね。Just let me go…の後のストリングスが良い余韻を生んでいると思います。

歌詞は「夢を追うこと」についてですが、決して光り輝くものではありません。夢を諦めることもできず、追うのも苦しい、そんな葛藤に悩む男がこの曲の主人公です。どちらにも進めない、という歌詞は『TIME』などにもありますね。

主人公は疲れながらも遠くを見ています。もちろん物理的にだけでなく遠い夢を見つめているのでしょう。飢えることに飢えてゆくとは、夢を追う段階に自分を持っていく必要がある現状、でしょうか。夢を追うことしか考えなくて良いならまだ楽ですが、夢を追うべきかの判断からしなければならないのは辛いことです。夢破れ、自分の中では悟ったつもりになっても、外部に還元できないのではただの負け犬、ということです。

またこの主人公には女がいるようです。しかしその意見は対立し、変わらないで欲しい(現実を見ろ)と女は願う一方で、男はこのままじゃだめだと思い、変化を目指します。つながるのは体だけ、と。後の部分から考えても、彼が足踏みする理由の一つはこの女であるようですね。

しかし彼は夢を追いかける道を選びます。苦しもうと、もがいて破れぬ夢をひきずる生き方こそが彼の本当に望む姿なのでしょう。その背景には後ろに道はもうないという事実もあります。「もう」、ということは別の道に逃げる機をすでに逸してしまったということです。彼が今一番苦しいのは、諦めるにしてはいろいろなものを失いすぎているというところだと思います。だから前に進むしかない、でも今日 明日じゃ 何も変わらないために新たに失うかもしれない、これもまた苦難です。

まさに八方塞がりな中唯一の救いは、彼の姿勢でしょう。まだ諦めてない、まだ光明を見出そうとしているから可能性はあるのです。自分のせいにできるのなら 遅すぎる人なんていないという部分は曲中でも屈指の至言ですね。全てを自分自身の内部に受け止められる人間はそう多くないと思います。何かしら原因を外部に見つけ出そうとしてしまうのは人の性ですが、そこを堪えて自分のせいにできれば、次何をすればいいかがはっきり見えてくると思います。この男の結末は描かれていませんが、成功する可能性はある…のかもしれません。

「諦めるには失いすぎた」あたりを書いている時、ギャンブルを連想しました。夢に関してはどこまでも諦めないのは高尚かもしれませんが、賭け事においては早々に下りるのが吉ではないでしょうか(脱線)

次回は『Komachi-Angel Red Hot Style』です。英詞でもなお耳に残る魔法の言葉、Komachi!
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

7th Album『The 7th Blues』収録

君は知ってるだろう
どんなに君が気にかけようと
僕が寂しく思っていたことを
それで君は僕を見てきたと
自分では思ってるんでしょ
でも君は僕のシンジツに
触れたことはないんだよ

誰かが何処へでも行ける
鍵を手に入れてしまった
ちょっとの間でも
他のヤツとヤりあってしまえば
時間を無駄にしてしまうよ

(※)僕は「夜のトリコ」
月の産物ーー青い誘惑が君を呼んでる
頼むから行かないでよ、きっと大丈夫だから
なんでも君に差し出そう、代わりに僕を愛し続けるだけでいいから

君も「夜のトリコ」
暗闇で呼吸してみなよ
僕がどこにいたいかはわかってる
頼むから行かないでよ、きっと大丈夫だから
すべてを君に差し出そう、そして僕の涙は全部白い砂に埋めてしまえるよ(※)

君にあげるよ
何か間違ってるよ
君は今まで見たことないんだよ

(※ほぼくりかえし)

とにかく君がどこにいても愛し続けてよ
この手をとりに来てよ、マイベイビー


疲れたので今回の考察はここまでです。
嘘です。さすがにお粗末すぎますね。

1st Album、『ハートも濡れるナンバー ~stay tonight~』の英詞リメイクです。ここまで変わるのかというアレンジがなされていますね。あの長めのイントロを聞いて原曲がわかる人はいるのでしょうか…。あと女声コーラスも聞きどころだと思います。

さて歌詞を考える上で使うのは、当ブログではおなじみの支離滅裂和訳です。誰かが鍵を手に入れた件はなにかの比喩でしょうが、脈絡が全くつかめません。マイベイビーは他にどうにかできなかったのでしょうか。よって今回は、大体のストーリーを推測し大まかな解釈をしてふんわりと〆ます!

まずが思っている以上に孤独を感じているようです。その理由はの愛が完全に自分に向いていないと思っているからではないでしょうか。歌詞を見るとかなりは切実というか譲歩が激しいです。がなんでも差し出すのに対しに求めるのは「愛」だけで、普通に見ればとんだ不等価交換です。しかし彼にとっては何よりもほしいのが一直線な愛であり、価値あるものなのでしょう。

slave to ~は「~の奴隷」という直訳の他に「~の虜になった人」という意味もあるとか。つまりSLAVE TO THE NIGHTとは夜に引き寄せられた者ということになりますね。そして主人公いわく二人共 SLAVE TO THE NIGHTらしいです。に向かっている…つまり図示するとこう↓

僕ーー→夜←ーー君

つまり心は互いに向かい合ってるから…

僕→←君 相思相愛!

…彼はともかく相手側がそうかどうかはむしろ彼の願望に近い部分がありそうですが…。彼のを過去のものにできるかどうかは未定です。

原曲とテーマは同じような気もするし、異なる気もします。少しすれ違ってる思いをなんとかしたいという部分は共通していますが、原曲の方は相手側が心を閉ざし気味なのに対しこちらは相手側の心の向きが定まっていない、といったところでしょうか。

次回は『まっかなシルク』です。風刺?下ネタ?
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

7th Album『The 7th Blues』収録

冷たい雨 月曜の町…になりましたかね今日は?

名曲中の名曲だと思います。アルバムバラードの中では、個人的にトップ3に入ります(あとの二曲は『もう一度キスしたかった』と『君を気にしない日など』)。泣き声のように響くギターサウンドは何度聞いても飽きません。内の思いを絞り出すように歌う声が曲の雰囲気と合いすぎです。20年以上経っても色褪せないパワーを持つ一曲です。

この曲の魅力は歌詞にもあります。ネットで『闇の雨』で調べればいろいろ出てくる通り、ファンの中でも有名な難解さを持っています。ほしい情報がそのまま書いておらず、不確定の事象が多すぎるため、人によって考察はそれぞれです。よってこの曲をあくまで理性的に考えるためには、パズルのようにピースを埋めていく必要がありますね。すでに答えを出した皆さんの影響はなるべく受けず、自分なりの解釈を導き出したいところです。

まずこの物語の主な語り手は女性だと思います。決め手は強く抱いてくれたからというところで、まあ抱くのは男、抱かれるのは女というのが普通の解釈かな、と。よって僕の解釈ではを目指しているのは女、ということにします。語り手も基本的に女と思って良さそうですが、最初の部分だけ少し違和感がありますね。

サビで女はあなたにもうすぐ逢えると言っています。つまり女→男の呼び方は「あなた」でしょう。しかし最初に、きみはひとり 車拾い シートに体を預け…とあります。ここだけ「きみ」呼び、ということは男→女の呼び方が「きみ
とすることができそうです。よって、1番Aメロだけは男が女の様子を見ての語りである、ということで誰が喋ってるかは整いました。

次に舞台設定です。ふたりはかたい約束かわした関係で、男はなにもかも捨てられると宣言したようです。この言葉から連想されるのはやはり不倫でしょうか。さらに待たされる人の気持ちがわかるからはやく行こうという部分に着目します。おそらく男は、今の配偶者を捨て女との道を選ぶ決断を先送りにしていたのでしょう。女はその決断を待ち続けたために、「待つ」気持ちがわかるのです。そして約束の日、男はで女を待っているはずなので、急がなければと思っています。

女は男が来てくれることをあくまで信じています。なぜか?かたい約束をしたからであり、心配することはないと 強く抱いてくれたからであり、なにもかも捨てられると 涙 見せてくれたからです。これは彼女の覚悟です。背徳の道を選んだ以上、この男と添い遂げる覚悟があります。今日まで 傷つけた人のことなど 想わないという部分はその覚悟の表れでしょう。傷つけた人が誰かは特定できませんが、「思わない」でなく「想わない」であるところから、想像しない、頭から拭い去ろうという意志、つまり過去と完全に決別しようという考えを持っているのではないでしょうか。

しかしこの曲最大の問題、「男が来たかは最後まで分からない」のです。最大の面白さでもあるわけですが。あくまで、女は最後まで信じ続けます。笑顔浮かべてるはずきっといてくれるはず待ってるはずあなたはいるはず…。重ねるほどに、「あなたはいない」気がしてきませんか?ここでの「〜はず」は、確信を表しているように見えて、女が自分に(無理に)言い聞かせているようです。稲葉さんの歌うあなたはいるはず…には少なくとも自信を帯びた覇気はありません…よね?

彼女の中には男が「いる」という期待と「いない」という不安が共存しています。それでも男を信じたいから、女は不安だけを雨で洗い流そうとするのです(=つらいことだけすべて 雨が流してくれる)。自分の中の闇を溶かした雨を抜けた先で、晴れやかに男と逢えることを望む彼女の姿は、なんと健気で切ないことか。果たして彼女は『闇の雨』の先に何を見るのか、それとも『闇の雨』はやまないのか…?それは聞いた人それぞれの解釈に委ねられています。

(僕の解釈では…やっぱり、男はいないんじゃないかと…。冒頭、車に乗り込むきみを男は見ています。ということはその時点で男に、駅へ行く意思はあったのか疑わしいところです。見てないでお前も行けよ!と)

この曲に関しては特に、ここに書いたことが正解ではございません。僕は一旦結論を出しましたが、今後また違う見方を見つけるかもしれません。他のサイト様の解釈もぜひ見ていただいて、あなたの中での『闇の雨』ワールドを見つけ出してほしいと思います。

まとめると、不倫という道を選んだ女が、男を信じて不安だけを雨に溶かし、その先で出逢いを果たしたいと願う曲だと解釈しました。

次回は『銀の翼で翔べ』です。リクエストを頂いたのですが、僕の中でもかなりお気に入りの一曲です。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

7th Album『The 7th Blues』収録

アルバム曲ながら高い人気を誇るオープニングナンバーです。演奏がとにかくかっこいいですよね!2010Ain't No Magicツアーでのロングシャウトは思わずたじろぐ勢いでした、ぜひご一聴を。

歌詞は光明ゼロのダークなものとなっています。タイトルからもう断定的に絶望ですからね。ポジティブに転換することなく終わるあたり暗黒期らしいです。

最近失恋ものが多いですが、今回も主人公はフラれた男です。自ら病状と比喩するように、そのダメージは凄まじく、眠れない悲しいニュースは耳に入らない、強いウオッカの味も感じない、と身体的にまで影響出まくりです。しかし彼はその姿を笑いたい者は笑えと言います。やけくそ、自暴自棄です。その失恋のショックとその影響を死んだ恋の呪文と称するのは言い得て妙ですね。生活に支障をきたす現状を彼は呪縛されたかのように感じているのでしょう。

延々とつながらない電話どれだけ呼んでも傷ひとつ つけられないとの呼応になるでしょう。とうの昔笑っていた女々しさに、今まさにどハマりしている自分を惨めに思っています。

そして、その様子に身内までも匙を投げて見捨てていきます。悲惨ですが、想像すると面白いかもしれません。親が見ても引くほどの落ち込みっぷりとはいかほどでしょうか…。

最終的なこの曲の面白みは、すべてを主人公が自覚しているところではないでしょうか。LOVE IS DEADという現実を前に崩壊しゆく自分を感じながら、それでも翻弄されてしまう苦しさがこの曲のネガティブ感の核です。そして自分にとっては最大のショックでも他人にはどうでもいいことであり、苦しみを共有できないのもまた輪をかけた辛さになっています(この辺り先日の『Real Thimg Shakes』の応用ですね)。そんな状態を最もよく表した表現が、おいてきぼりの亡霊、というわけです。

まとめると、LOVE IS DEADの状況に心身影響を及ぼされ、しかし周りの人は共感してくれない、救いのなさを描いた曲となります。

次回は『Bad Communication E.Style』です。全英詞の方です。あんまり意味を考えながら聞いたことがなかったので一からですね。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

7th Album『The 7th Blues』収録

B'zにはあまりない曲調ですね。どこか懐かしい雰囲気を感じます。アルバムの中では気軽に聴ける曲ではないでしょうか…?

歌詞の内容は別れる寸前ギリギリの恋人関係ですね。シーンは穏やかではないですが、主人公はどこか能天気に構えているこのギャップが面白いです。

冒頭、またと語られます。つまり彼らの別れ話は今回が初めてではないのですね。涙を見せて、別れ話を持ちかけますが、主人公は危機感をさほど感じずに話を聞いています。その理由は今までも同様にして危機を乗り切ってきたからでしょう。

そしておそらく、が主人公に愛想尽かしているのはこの部分だと思います。なんだかんだで復縁できるという余裕(=だめにはならない そう簡単に)に、寂寥感を覚える気持ちは分かる気がします。もう少し失うかもしれないと思って大切に扱ってほしいとセンチメンタルになるのは不自然ではありません。

写真も全部燃やしたのはどちらでしょうか?断定しづらいのですが、側だと自分は思いました。本気なんだぞ、次はないぞと主人公に示そうとしていたなら、なかなか愛おしく見えますね。お互い嫌ってるわけではないのです。好きだからこそ、もう少し愛している証が欲しい、これがの望む愛の形です。

一方主人公は、能天気ではあるものの何も考えていないわけではないようで。この一夜がふたりの今後のボーダーであり、ここを超えられれば新しい世界が見えてくる、というのが彼の持論です。国境とその向こうの未知の世界に例えられていますね。それなりに同じ時を過ごしてきたのだから、ついでに だまされたと思ってもう少し続けてみようよ、と呼びかけています。誠実とは言えませんが、相手を信頼している人間像は伺えます。あとはそれをどうに伝えられるかでしょうね。

まとめると、愛されている証がほしいと能天気に構えつつもふたりの仲に信頼を保つ主人公の、命運を分ける夜(=『THE BORDER』)を描いた話といえます。

ふたりの恋愛観は少し食い違っていますが、このボーダーをお互いに譲り合えるか、ここがふたりの未来を決めるターニングポイントだと思います。僕は胸が苦しいです。

次回は『SNOW』です。これは難しいですね。ストーリーを断定できるヒントは少ないです。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

このページのトップヘ