4th Album『RISKY』収録

お久しぶりです!これだけ長い期間空けていたにもかかわらず楽しみにしてくださっている方がいて申し訳ないと同時にありがたいと思います。マイペースでも投稿していこうと思うのでよろしくお願いします。

『RISKY』はメロディが秀逸で、今のバンドサウンドで聞いてみたい曲が多いなと思います。この曲もその一つで、アルバムの中では一番好きな曲かもしれません。

何よりこの曲の面白いところは着眼点でしょう。皆さん金曜の夜といえば気分はどうですか?普通は休みを前にして気分上々…だと思います。その一般論を裏返したのがこの曲『FRIDAY MIDNIGHT BLUE』、「金曜夜の憂鬱」ということになります。実在するタクシーの運転手の話をもとに書かれた歌詞、というのも解釈の助けにしていきましょう。

ややこしいのですが、この曲で語られる男と、この曲の語り手は別人と考えていいと思います。TAXY DRIVERの話ではありますが、それを見ている男、おそらくは稲葉さんが客観的にそれを語るということですね。最後の場面で重要になってくるので覚えておくと良いでしょう。

さてこのTAXY DRIVER、本業は絵描きらしいです。副業の理由は家賃不当値上げでの裁判費用調達。お金の問題を解決するのにお金が必要とは皮肉な話です。直接描かれてはいませんが、絵描き一本では飯を食えないですよね。生活のための、しかしそこに楽しみはない労働は苦痛でしょう。

しかし本音は帰りたいよはやくと漏れてきます。華やかな人も、競争も関係のない世界で悠々自適な生活を送りたいのに、現実はそれを許してくれません。「現実」を乗車拒否できないのがつらい、とはよく言ったものです。理想と現実のギャップがFRIDAY MIDNIGHT BLUEにつながっている、と見ることができましょう。

最後の部分は客観的に売れればいい いつか彼の絵もと語られています。おそらく彼を見ていた男(稲葉さん?)も歌詞作りに難航したなどで共感できる部分があったのでしょう。雲に乗りたいという願望は何を指すのか、やりたいことだけできる世界か、すべきことがない世界か…稲葉さんは今雲に乗っているんでしょうか。

そもそも何故私たちは休日に魅力を感じるのでしょうか?人それぞれ理由はあるでしょうが、僕は生活のメリハリをつけることができる点に注目します。平日ヒィヒィ言いながら働く、学ぶ、etc… からこそ休日の意義があるのだと思います。ところが彼の生活は、したいことをしなければならないことが覆ってしまっています(この忙しさはとても理不尽)。今後の生活に希望が繋がらなければ休日の意義は薄れてしまうかもしれません。

「みんなが喜ぶ休日なのに僕だけは…」系の曲はほかに『Brighter Day』、稲ソロ『Saturday』がありますね。この視点は本当に大好きで、なるほどそういう観点から心情を描けるのかと初見で感心したものです。

まとめると、売れない絵描きであるはずの主人公が、生活のためにTAXY DRIVERにならざるを得ない現実FRIDAY MIDNIGHT BLUEを感じる話と言えましょう。

僕は最近休みのために毎日を過ごしている気がします。人生とは何なのでしょうか。

次回は『GO★FIGHT★WIN』です。テーマははっきりしてますが、細部を見ると難解、ですね。『GO★FIGHT★WIN』は考察済みでした!!気づきませんでした
次回は『Classmate』です。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。