Balloon'zone -B'z歌詞解釈-

B'zの曲の歌詞考察、解釈(のような物)をしております。 曲を聴いて感じるものは人それぞれ、その一つとしてとらえていただければ嬉しいです。

はじめての方は『このブログについて』からどうぞ。

36th Single

1周年の今日に最適な一曲ですね!

CDで聞いて、そんなに良くないな…と切り捨てるにはもったいない曲です。なんといってもこの曲が真価を発揮するのはライブ版、観客の万歳コールが加わるとかなりの名曲ですよね。00年後半〜10年前半の定番でしたが、もうそろそろ演奏されてもおかしくないタイミング…?

歌詞は、暗がりを自ら照らしていくパワーが描かれている印象を受けます。そしてフォーカスされているのは人の出会いと別れ。見ていきましょう。

冒頭から、別れのシーンです。決して浅くはなかったであろう付き合いがひとまず終わりを告げ、笑いながらも泣く主人公の姿が描かれます。今彼が思うのは後ろ向きな感情ではありません。いつか別れるかもしれない未来に怯えるのではなく、今まで手を抜かず愛したことを誇ろうとする姿勢が見られます。この視点は面白いと思います。手を抜かず愛するということは今を疑わず全力で向き合うということです。『long time no see』にも見られる考え方ですね。

出会いがあれば別れもあります。分岐点、合流点、出発点、そして終点といつ何が起きるかわからない人間関係、人生の中で、全てのイベントに感謝できれば、「今」を生きる楽しみが生まれることでしょう。そして「今」の楽しみは過去や未来に影響します。一期一会の出会いに歓喜し、幸運を享受し、BANZAIといえる人間は強いと思います。そんな人生が送れたらきっと楽しいですよね。

当然ながら日々は決して繰り返しじゃないですが、どんなことにもBANZAIと言える姿勢でいれば、薄暗い明日にも打ち勝つことができます。このBANZAIは過去の自分たちへの称賛でもあり、現在の自分たちへの感謝でもあり、未来の自分たちへの覚悟の表明でもある、ということです。

僕がライブでの『BANZAI』をここまで推す理由は単に盛り上がるからというだけでなく、『BANZAI』の意義そのものとのリンクがあるからです。主張も事情も様々な人びとが一堂に会して、BANZAIの声で繋がり合える部分が尊いと思うのです。あれだけの人数が同時に「今」への感謝を表す、その力は特別なものではないでしょうか?

取り上げてはいませんが他にも好きな表現は多いです。乱暴にまわってるこの星で 生き延びてるという言い回しは確かに!と思いましたし、変わんないでいい変わったっていいという言葉づかいは温かさを感じます。

まとめると、出会いも別れもいつ何が起こるかわからない中で、BANZAIと言える精神が人生を彩るという内容でしょうか。

次回は『あいかわらずなボクら』です。いこうよいこうよー!
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

こんにちは、ばるぼです。

早いものでこのブログが始まって1年が経ちました!

B'zを聴いて感じていることを形にしてみたいという思いつきと先人への憧れからひっそり始まり、細々と続けてきた当ブログも、1日100人近くの方に見ていただけるようになり、恐れ多くも「B'z 歌詞考察」で検索すると最上位に出てくるようになり、やり甲斐を感じられる1年間でした!

特に今年に入ってからは投稿数も減ってしまっていましたが、感謝月間と称して1年前並みのペースでいきたいと思います(1日1曲とかよくできてましたね当時の自分)!
公言することで自分に鞭打つのです。

閲覧だけでも嬉しいし、コメントを頂いた時はさらに嬉しいです!皆様に感謝を込めつつ2年目も頑張ることを宣誓します!

今後も「Balloon'zone -B'z歌詞解釈-」をよろしくお願いします!!

11th Album『ELEVEN』収録

下書きが二度消えた苦難を乗り越えました。同じ内容を二度書くのはそれはそれで…

ダークでヘヴィで…アルバム『ELEVEN』に僕はそんなイメージを持っているのですが、その特徴を色濃く備えるのがこの曲ではないでしょうか。全英詞版の『DEVIL』も韓国限定アルバムを経てウルトレに収録されていますが、どちらが好みかは分かれそうですね。

歌詞考察に入ります。まず舞台は「東京」ですね。東京や都会を扱った曲は少なくありません。そのまんま『東京』や、既に扱った中では『Mannequin Vliiage』もそうでしょうか。そして共通するのはそんなにプラスに描かれてはいないというところです。何かを得られる代わりに失ってしまう、という言い方が相応しいかもしれません。ではこの曲はというと、どちらともいえません。最終的な結論から言えば「ネガティブな面を乗り越えたポジティブ」という捉え方、ですかね。見ていきましょう。

まず主人公はなぜ東京に来たのか?理由は一番眩い星、つまりビッグドリームを叶えるためです。日本最大の都市ならば最大の夢が叶えられる(或いは、叶えやすい)ことは否定できません。それだけの力が東京にはありますよね…(地方民の目)。

しかしその日々は過酷だと推して測れます。いつも最前線、勝負の世界ですから、1日たりとも無駄にはできません。明日を憂いながら今日を生きなければならない、その緊張感と戦う毎日。実際にその世界に身を置く人間でないと分からない感覚なのだと思います。

前進を強いられる日々の中で、手段よりも成功という目的が重要になることもあるでしょう。正しい、間違っている、という判断が結果の後から付いてくる世界では、善も悪も決めるのは成功者です。その野心はさながらDEVIL振り返れど 何も見えやしない茨の道を自ら選ばなければならない厳しさを感じさせられます。

さてここまでは「東京と成功」について読み取ってきましたが、この曲のスタンスはそれを否定するものではありません。寧ろ、何も恥じるなと後押ししています。愛無き者にゃ誰も裁けないという部分の「」とは何かは難しい解釈ですが、ここでは強い感情としてとります。丈夫な意志も持たない外野が、野心を持って上昇する人間を止めることなどできない、ということでしょうか。

曲から読み取れるのはこのようなメッセージです。しかし僕個人としては、直接描かれてはいない部分で、「後戻りは許されていない」という怖さを暗に感じるんですよね。前述した二曲でも、何かを忘れて、何かをなくして、もう戻れない、そんな絶望を感じさせられるのですが、この曲でもdevil's wingで飛べなくなった時人はどうなるんだろう、と考えてしまいます。どうしても得たいものがあるならリスクを背負わなければならないのでしょうか?

まとめると、大きな夢を叶えられるが立ち止まれない魔力を持った東京で、善悪を超越してdesireを達成してみろよ、という曲だと思います。

次回は『BANZAI』です。ライブで演奏されてはじめて完成する曲ですね。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

10th Album『Brotherhood』収録

お久しぶりです!

アルバム『Brotherhood』ではこの曲を皮切りに、マイナーでダークな曲が続く印象ですね。イントロから不穏、というのもアルバムのカラーを表しているかもしれません。稲葉さんのハイトーンが心地よく耳に入ってきますね。

歌詞は冒頭からすでに諦めムード、徹頭徹尾わかんないI don't knowの一点張りであり、その対象は人の心、感情です。他人の心はどこまでいっても完全に知ることはできない、というのはもちろんのこと、自分自身の心でさえも自己決定しているように見えて実はひろがるウワサの影響を受け曲げられている可能性もあります。にも関わらず、人は相手の理解を心に委ねてしまいます。すると当然すれちがいが生じ、勝手に抱いた期待裏切りに変わり、傷ついてしまいます。つまり、心・感情は、人間を理解するツールとしてはあまりに不安定すぎるということですね。

では確かなものはないのか?その問いに対するアンサーこそ「その手で触れてごらん」であるといえます。この主張の根底には「身体感覚」の確実性があります。直に触れることでそこにあると感じられる存在、これは揺るぎない真実です。また触れることで得られる相手の反応、これもまた感情を超えた、誰にもコントロールしがたい本能に基づくものであり、確かなものです。この曲の主題は、不安定な心に振り回され、本当の自分じゃなくなる前に、絶対的存在を直接感じるべくその手で触れてごらん、という提唱だと思います。その方法としてこの曲では性的な表現がなされていますが、性行為はある種最も相手に近付く行為であり、距離の近さを関係の近さと置き換えればこれ以上ないコミュニケーションなのかもしれません。

稲葉さんの歌詞にはこのような「身体感覚至上主義」が時々見られます。奇しくも10年後『イチブトゼンブ』では、すべて掴んだつもりになれば また傷つくだろう ほんとに要るのは 有無を言わせない 圧倒的な手ざわりと歌われています。この部分を拡大した曲が『その手で触れてごらん』ではないでしょうか。またタッチに限らず、声も力を持つものとして描かれることが多いですね。『愛のバクダン』では「キミのVoice」が、ヒトの心がなんでも決めている状況に効くとされています。直接会って、声を聞いて、触れ合って、を繰り返すことで不完全・不安定な心に頼らず信頼関係を築いていけるのが理想なのかもしれないですね。

次回は『TOKYO DEVIL』です。良くも悪くも、巨大なパワーを持つ場所が東京…なんですかね?
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

コラムはいいから歌詞考察本編を書けよ、と言う声ごもっともでございます…。

稲葉ソロがいよいよ本格的に始まりますね!というわけでツアー前恒例(通算2回目)、セットリスト予想しようと思います!今回は考えるに至った詳細は省き結果だけポンと載せようと思います。

01.Symphony #9
02.O.NO.RE
03.oh my love
04.水路
05.台風でもくりゃいい
06.念書
07.photograph
08.Tamayura
09.Cross Creek
10.この手をとって走り出して
11.Okay
12.BLEED
13.Overture
14.絶対(的)
15.Stay Free
16.愛なき道
17.正面衝突
18.羽

19.Saturday
20.遠くまで
21.とどきますように

マグマ
台風でもくりゃいい☆
愛なき道

志庵
O.NO.RE
Overture☆
とどきますように☆

Peace Of Mind
正面衝突
Tamayura

Hadou
絶対(的)
Okay
この手をとって走り出して

Singing Bird
oh my love
Cross Creek
Stay Free
photograph☆
念書

その他
遠くまで
Saturday☆
羽☆
Symphony #9☆
BLEED☆
水路☆

※☆は過去未演奏曲

いろんなところから満遍なく持ってきましたが果たしてどうでしょうか??日替わりも十分考えられますので何かしら引っかかるとは思いますが…。
個人的にはHadou辺りの曲が多いと嬉しいなと思います。可能性は薄くとも『マイミライ』とか『Salvation』は聴いてみたいですね…!

福岡参戦の皆様、ともに盛り上がりましょう!!

このページのトップヘ