Balloon'zone -B'z歌詞解釈-

B'zの曲の歌詞考察、解釈(のような物)をしております。 曲を聴いて感じるものは人それぞれ、その一つとしてとらえていただければ嬉しいです。

はじめての方は『このブログについて』からどうぞ。

4th Album『RISKY』収録

お久しぶりです!これだけ長い期間空けていたにもかかわらず楽しみにしてくださっている方がいて申し訳ないと同時にありがたいと思います。マイペースでも投稿していこうと思うのでよろしくお願いします。

『RISKY』はメロディが秀逸で、今のバンドサウンドで聞いてみたい曲が多いなと思います。この曲もその一つで、アルバムの中では一番好きな曲かもしれません。

何よりこの曲の面白いところは着眼点でしょう。皆さん金曜の夜といえば気分はどうですか?普通は休みを前にして気分上々…だと思います。その一般論を裏返したのがこの曲『FRIDAY MIDNIGHT BLUE』、「金曜夜の憂鬱」ということになります。実在するタクシーの運転手の話をもとに書かれた歌詞、というのも解釈の助けにしていきましょう。

ややこしいのですが、この曲で語られる男と、この曲の語り手は別人と考えていいと思います。TAXY DRIVERの話ではありますが、それを見ている男、おそらくは稲葉さんが客観的にそれを語るということですね。最後の場面で重要になってくるので覚えておくと良いでしょう。

さてこのTAXY DRIVER、本業は絵描きらしいです。副業の理由は家賃不当値上げでの裁判費用調達。お金の問題を解決するのにお金が必要とは皮肉な話です。直接描かれてはいませんが、絵描き一本では飯を食えないですよね。生活のための、しかしそこに楽しみはない労働は苦痛でしょう。

しかし本音は帰りたいよはやくと漏れてきます。華やかな人も、競争も関係のない世界で悠々自適な生活を送りたいのに、現実はそれを許してくれません。「現実」を乗車拒否できないのがつらい、とはよく言ったものです。理想と現実のギャップがFRIDAY MIDNIGHT BLUEにつながっている、と見ることができましょう。

最後の部分は客観的に売れればいい いつか彼の絵もと語られています。おそらく彼を見ていた男(稲葉さん?)も歌詞作りに難航したなどで共感できる部分があったのでしょう。雲に乗りたいという願望は何を指すのか、やりたいことだけできる世界か、すべきことがない世界か…稲葉さんは今雲に乗っているんでしょうか。

そもそも何故私たちは休日に魅力を感じるのでしょうか?人それぞれ理由はあるでしょうが、僕は生活のメリハリをつけることができる点に注目します。平日ヒィヒィ言いながら働く、学ぶ、etc… からこそ休日の意義があるのだと思います。ところが彼の生活は、したいことをしなければならないことが覆ってしまっています(この忙しさはとても理不尽)。今後の生活に希望が繋がらなければ休日の意義は薄れてしまうかもしれません。

「みんなが喜ぶ休日なのに僕だけは…」系の曲はほかに『Brighter Day』、稲ソロ『Saturday』がありますね。この視点は本当に大好きで、なるほどそういう観点から心情を描けるのかと初見で感心したものです。

まとめると、売れない絵描きであるはずの主人公が、生活のためにTAXY DRIVERにならざるを得ない現実FRIDAY MIDNIGHT BLUEを感じる話と言えましょう。

僕は最近休みのために毎日を過ごしている気がします。人生とは何なのでしょうか。

次回は『GO★FIGHT★WIN』です。テーマははっきりしてますが、細部を見ると難解、ですね。『GO★FIGHT★WIN』は考察済みでした!!気づきませんでした
次回は『Classmate』です。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

Mini Album 『WICKED BEAT』収録


(A)僕たち愛しあえるよね、KOMACHI-ANGEL
多分きっと大丈夫だからさ
今夜ヤりきらなきゃ、何て意地悪なANGEL
最後まで愛するよ、楽しんじゃうよ(/A)

赤いドレスはとても刺々しい
君は僕がおかしな気分なのに気づいてるのかな
いつか君とじゃれあえると僕は思ってるんだ
この夜空だってそう言ってる

どんな時も誰かと恋に落ちたがってた
暑い夏の夜じゃそんな幻も見える
でもこの愛はこの場限りのロマンスじゃない、本気なんだ
だから僕の言葉を聞いてくれ、心決めてくれよ

(A繰り返し)

燃える群衆はとっておきを持っていて、悪魔の目は僕を離さない
ラテンのルーツが分かったろう、僕は好きだよ
どっしり歩んで周りの男を上回るのさ
皆の賽は投げられた

鼓動が高鳴るのがわかる
この夢叶えてくれるのは他でもない君だ
僕のこと好きだろ?君も気づいてるはず
おいで、手をとってここから連れ出してくれよ

(B)僕たち愛しあえるよね、KOMACHI-ANGEL
多分きっと大丈夫だからさ
今夜ヤりきらなきゃ、何て意地悪なMY ANGEL
小さな陽の光でますます君は神秘的(/B)

(C)僕たち愛しあえるよね、KOMACHI-ANGEL
もっと僕に気を向けてくれよ
今夜ヤりきらなきゃ、何て意地悪なMY ANGEL
皆でPUSH,PUSH!いけるでしょ?

(A,B,C 繰り返し)


疲れました。もちろん正確な日本語には出来てません、参考までに。

さて、『太陽のKomachi Angel』の英詞版です。原曲とテーマや舞台設定は大きく変わらず、ひと夏のアバンチュールを超えて女と結ばれたがる男のお話です。

割とストレートな物言いなので、考察する部分は特にないのですが、面白いところは主人公が中途半端に強気なところでしょうか。相思相愛を確信している(もしくはそう自分に言い聞かせている)のが微笑ましいです。

あと興味深いのは自分だけの話でなく、Everybodyと対象をとっているところですね。主人公に限らず誰にとってもこの夏は愛を獲得するチャンスなのです。その競争に打ち勝つぞ!という意識から来るものかもしれません。

短いですがこのあたりで締めましょう。『太陽のKomachi Angel』はもう少し長く考察する予定ですがどうなるでしょうか…

次回は『FRIDAY MIDNIGHT BLUE』です。タイトルが大好きです!
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

7th Album 『The 7th Blues』収録

そんなに暗い曲調ではないのですが、陰を感じるのはこの時期の曲ならでは、でしょうか。稲葉さんの声も一層癖がありますね。Just let me go…の後のストリングスが良い余韻を生んでいると思います。

歌詞は「夢を追うこと」についてですが、決して光り輝くものではありません。夢を諦めることもできず、追うのも苦しい、そんな葛藤に悩む男がこの曲の主人公です。どちらにも進めない、という歌詞は『TIME』などにもありますね。

主人公は疲れながらも遠くを見ています。もちろん物理的にだけでなく遠い夢を見つめているのでしょう。飢えることに飢えてゆくとは、夢を追う段階に自分を持っていく必要がある現状、でしょうか。夢を追うことしか考えなくて良いならまだ楽ですが、夢を追うべきかの判断からしなければならないのは辛いことです。夢破れ、自分の中では悟ったつもりになっても、外部に還元できないのではただの負け犬、ということです。

またこの主人公には女がいるようです。しかしその意見は対立し、変わらないで欲しい(現実を見ろ)と女は願う一方で、男はこのままじゃだめだと思い、変化を目指します。つながるのは体だけ、と。後の部分から考えても、彼が足踏みする理由の一つはこの女であるようですね。

しかし彼は夢を追いかける道を選びます。苦しもうと、もがいて破れぬ夢をひきずる生き方こそが彼の本当に望む姿なのでしょう。その背景には後ろに道はもうないという事実もあります。「もう」、ということは別の道に逃げる機をすでに逸してしまったということです。彼が今一番苦しいのは、諦めるにしてはいろいろなものを失いすぎているというところだと思います。だから前に進むしかない、でも今日 明日じゃ 何も変わらないために新たに失うかもしれない、これもまた苦難です。

まさに八方塞がりな中唯一の救いは、彼の姿勢でしょう。まだ諦めてない、まだ光明を見出そうとしているから可能性はあるのです。自分のせいにできるのなら 遅すぎる人なんていないという部分は曲中でも屈指の至言ですね。全てを自分自身の内部に受け止められる人間はそう多くないと思います。何かしら原因を外部に見つけ出そうとしてしまうのは人の性ですが、そこを堪えて自分のせいにできれば、次何をすればいいかがはっきり見えてくると思います。この男の結末は描かれていませんが、成功する可能性はある…のかもしれません。

「諦めるには失いすぎた」あたりを書いている時、ギャンブルを連想しました。夢に関してはどこまでも諦めないのは高尚かもしれませんが、賭け事においては早々に下りるのが吉ではないでしょうか(脱線)

次回は『Komachi-Angel Red Hot Style』です。英詞でもなお耳に残る魔法の言葉、Komachi!
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

9th Album『SURVIVE』収録

あたたかい雰囲気に包まれる曲です。同時期の『Liar!Liar!』のような刺々しさとは対照的な丸みがありますよね。これだけバリエーション豊かな曲を生み出せていたために、この辺りのB'zを全盛期という意見も頷けるところはあります。

歌詞は、タイトルからして幸福感に溢れる…というわけではなさそうです。むしろ背景には、多忙におわれ生きづらい世の中があります。ではその中での『ハピネス』とは何なのか?見ていきましょう。

1番、主人公は(おそらく)恋人となかなか会えない現状に悩みます。また2番では、せっかく会ってうまくやろうとしても、相手を傷つけてしまいます。相手が傷つく一方、僕の心もまた荒れはててしまうのです。そしてそれは主人公に限らずだれにでも起こりうる問題である、と。

だれもが時間に追われて こわれて だれかを愛するひまもない悲しい現状を打破するのは、先日も取り上げた「身体感覚」です。迷いのないスマイルや、よどみのないヴォイス、そして何よりもそばにいるという事実が、荒む心を癒してくれるということです。それらは何も特別なことではなく、「ありがとう」や「ごめんね」のような易しい言葉で解決できるはずです。自分の思いをストレートに伝える、あるいは相手の思いを受け取る力こそフツーの力であり、成功した時に生まれるものがハピネスである、といえます。

決して難しいことではないはずなのですが、それが達成できない原因は忙しさ、でしょう。生活に余裕がなくなると自分以外に気が回らなくなる経験はだれしもあると思います。そんな時こそ立ち止まって、周りの人にハピネスを与えられる人間になりたいものですね。

歌詞カードを見ながら、優しさを感じるなあと思っていたのですがその理由がわかりました。ひらがなの効果です。漢字にできるところもおそらく意図的にひらがなにしてあるおかげで、歌詞全体が優しく見えるのだと思いました。

次回は『破れぬ夢を引きずって』です。父がすごく好きな曲だった気がします。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

5th Album『IN THE LIFE』収録

ゆるーいリラックス系の一曲ですね。稲葉さんだけでなくTAKや他のバンドメンバーの声も聞ける点が貴重です。ライブではエンサマでの演奏が記憶に新しいと思います。メンバーがそれぞれ専門外の楽器を使っていたのが面白かったですね。

曲自体はとても短く、メッセージもシンプルです。心情を全て赤裸々に打ち明けてくれているのでわかりやすいですね。

この話の主人公は、誰かひとりを定めて見ることもできるし、B'zというグループそのものとして見ることもできましょう。どちらにも共通する形で解釈していこうと思います。

今まで好きなこともしたし たまに我慢もしてきたというのは、『だからその手を離して』以来変わらないスタンスです。その後の余計なお世話も、『だから〜』のおまえとリンクしますね。

会いたいときに 会えればいいのになやりたいこと できればいいのになという言葉は、この世界がいつでも思い通りになるわけではないからこそ出てくるものだと思います。いつでも正しい選択をできているかもわかりません。しかし主人公にとってそれらはたいした問題じゃない、と言い切っています。その自信は「行こうよ行こうよ」というひとことに集約されているでしょう。道なんていくらでもあるのだから、思い通りいかないことがあろうと気に病む必要はない、ということですね。B'z自身の話として見るなら、音楽業界でやっていくうえでのしがらみは避けられないけれど、その中で自分たちのスタイルを貫いていくというメッセージが感じられます。

この曲はデビューから3年時点でリリースされていますが、25周年でもなお歌われている、というところに大きな意味を感じますね。

次回は『ハピネス』です。直球の優しさを感じる一曲ではないでしょうか。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

このページのトップヘ